スタッフブログ

スタッフブログ

運命の相手を見つける工程

皆さん、こんにちは。セブン結婚相談所の吉村です。

 

お見合いをしていると、微妙な気持ちになるお相手に会ったことことはありませんか?

 

絶対NG!というほど嫌悪感を感じるわけではないけれど、交際したいというほどの決め手もない。そんな微妙な気持ちになる、判断に困る相手は意外と多いものです。そんな時にはどうすればいいかというお話です。

 

まあ婚活というものは、ほとんどがこの微妙な判断が本当に多いです。

 

そんな相手に出会ったら、まずはOKを出してみましょう!

 

相手の素が見えないのは、相手も同じです。それには二人の間に壁があるからかもしれません。そんな時は、まずは相手との距離を一気に縮めてみることです。お試しでも交際をしてみるのっていいの?と思われるかもしれませんが、それが婚活の良いところ、結婚相談所の良い所です。(普通の交際、通称、仮交際は何人と複数交際しても良いというルールです)

 

結婚相談所での交際OKは相手が大好きでお付き合いしたい!というよりは、相手のことをもう少し知りたいと思うことと考えるのがいいでしょう。

交際してからの方が相手の事が分かると思います。

 

もう一つは、相手の反応を待つもの一つです。自分からお断りしてしまうよりも、相手がどう思っているのかに委ねてみるのも一つの選択肢です。自分の意思がはっきり決まらないのですから、相手にお任せするのもありえることです。

 

なんとなく人任せすぎるし、主体性がないと思われるかもしれませんが、男女の仲は相手とのコミュニケーションで成り立っていくものです。相手の出方によって自分も出方を決めていくのは、恋の駆け引きならぬ、婚活の駆け引きです。セブン結婚相談所の会員様の中でも、お見合い後の返事を迷った時に、相手の返事をギリギリまで待つ会員様もいます。

 

そして最後に性格的に、どうしても自分が気が進む人でないと交際したくないというタイプの人がいます。つまり、常に恋愛は追いかけていたい、思われるより思う方が好きというタイプのです。

 

こういった人は、どうしても気が進まないと思います。そういうタイプの方は、仕方ありません。自分がこの人と思う人が現れるまでお見合いし続けるよりほかありません。多少遠回りになり、時間はかかりますが、根気よく婚活を続けましょう。

 

というわけで、いろいろな微妙な相手への対処方法をご紹介してきました。あなたはどのタイプでどのような選択肢がお好みかわかりませんが、やはり可能性を最大限にするのには、迷ったらとりあえず交際してみることをおすすめしたいです。

 

婚活成功者で、早期成婚を実現している方は、一番目のタイプの方が多いです。とりあえず迷ったらまずは相手のことをよく知りたい。そのために交際してみよう。という前向きな姿勢で婚活されている方は、成功者となる方が多いです。

 

もう少しつきつめると、まずは交際してみる→たくさん交際するのでデータが取れる→自分に合う人が分かってくる→自分のタイプが再認識できる→比較検討をたくさんしているから、違いが分かりやすい→運命の人が現れたら見つけやすい。

 

と、いった感じだと思います。

 

是非、運命の人が見つかるまで一緒に頑張っていきましょう!

まずは、皆さまのお問い合わせ、お待ちしております。

結婚相談所 大阪 神戸 tel.0120-411-700
結婚相談所 大阪 神戸 WEBからのお問い合わせ
運命の相手を見つける工程