コラム

  • HOME >
  • 最新情報&おすすめ婚活コラム
  • お断り理由と対処法④

コラム

大崎・五反田サロン お断り理由と対処法④

IBJ加盟店のセブン結婚相談所です。

先回はお申し込みをしてもいつも断られてしまうと悩んでいる方に向けて、お断りされてしまう理由と対処法についてお話しました。今回も引き続きこのトピックについてお話しします。

 

「結婚への考え方の違い」

結婚の条件や考え方の違いがお見合い後に発覚することがあります。条件として長男なので後継ぎになることが必須。同居が条件だった。子供を欲しい人にたいして、子供を欲しがっていない人だった。結婚後も働きたい女性に対して、男性は結婚後は妻には家庭に入ってほしいと思っていた。お金の管理をどちらがするかなどです。

 

こういった基本的な結婚後の生活の条件や、考え方の違いがお見合いでわかり、お断りされることがあります。

 

・このようなお断りを防ぐ対処方法

  • 譲歩できることは譲歩する

確かに、婚活では結婚の条件は最も気になることです。結婚観が違えば、結婚できないと判断されてしまうのももっともなことです。ですが、こういった結婚への考え方は、単なる理想だったり、決めつけであることも多いです。

 

ましてや初婚の方にとっては、初めてのことで実体験に基づいたものではないので、実はそれほど大切なことでない場合が多いです。あまりこういった理想を相手に押し付けすぎるのはよくありません。

 

融通が効かない人、結婚への高い理想があり歩み寄りがない人と思われてしまうので、あまり自分の考えを強く誇張しない方がよい場合が多いです。こういったことは結婚後に相手と相談して決める。実生活に入ってからお互いの心地良いやり方を決めていく。ぐらいのほうがいいですね。

 

  • プロフィールにどうしても譲れない条件は記載する

先にお話した思い込みや理想とは別に、どうしても譲ることができない条件がある場合があります。家族の事情。仕事関係、健康上の理由などで、同居・別居、子供の有無、住居の条件、お金のことなど、結婚の条件として相手に譲歩できないことがあります。そういったことは①であげたような考えや希望とはちがい、相手に合わせることができない条件となります。

 

こういったことがある方は、むしろ早く相手に伝えるべきです。その条件が許容できる人をみつけるしかありませんので、早めにお相手に伝えて判断してもらいましょう。書けることであればプロフィールに記載しておくか、書けないことであればカウンセラーに伝えてお見合い前に伝えてもらったりしましょう。お相手にも無駄な時間を過ごさせないようにどうしても譲れない条件は早めに伝えるのがベターです。

IBJ加盟店のセブン結婚相談所です。

先回はお申し込みをしてもいつも断られてしまうと悩んでいる方に向けて、お断りされてしまう理由と対処法についてお話しました。今回も引き続きこのトピックについてお話しします。

 

「結婚への考え方の違い」

結婚の条件や考え方の違いがお見合い後に発覚することがあります。条件として長男なので後継ぎになることが必須。同居が条件だった。子供を欲しい人にたいして、子供を欲しがっていない人だった。結婚後も働きたい女性に対して、男性は結婚後は妻には家庭に入ってほしいと思っていた。お金の管理をどちらがするかなどです。

 

こういった基本的な結婚後の生活の条件や、考え方の違いがお見合いでわかり、お断りされることがあります。

 

・このようなお断りを防ぐ対処方法

  • 譲歩できることは譲歩する

確かに、婚活では結婚の条件は最も気になることです。結婚観が違えば、結婚できないと判断されてしまうのももっともなことです。ですが、こういった結婚への考え方は、単なる理想だったり、決めつけであることも多いです。

 

ましてや初婚の方にとっては、初めてのことで実体験に基づいたものではないので、実はそれほど大切なことでない場合が多いです。あまりこういった理想を相手に押し付けすぎるのはよくありません。

 

融通が効かない人、結婚への高い理想があり歩み寄りがない人と思われてしまうので、あまり自分の考えを強く誇張しない方がよい場合が多いです。こういったことは結婚後に相手と相談して決める。実生活に入ってからお互いの心地良いやり方を決めていく。ぐらいのほうがいいですね。

 

  • プロフィールにどうしても譲れない条件は記載する

先にお話した思い込みや理想とは別に、どうしても譲ることができない条件がある場合があります。家族の事情。仕事関係、健康上の理由などで、同居・別居、子供の有無、住居の条件、お金のことなど、結婚の条件として相手に譲歩できないことがあります。そういったことは①であげたような考えや希望とはちがい、相手に合わせることができない条件となります。

 

こういったことがある方は、むしろ早く相手に伝えるべきです。その条件が許容できる人をみつけるしかありませんので、早めにお相手に伝えて判断してもらいましょう。書けることであればプロフィールに記載しておくか、書けないことであればカウンセラーに伝えてお見合い前に伝えてもらったりしましょう。お相手にも無駄な時間を過ごさせないようにどうしても譲れない条件は早めに伝えるのがベターです。

結婚相談所 大阪 神戸 tel.0120-411-700
結婚相談所 大阪 神戸 WEBからのお問い合わせ
お断り理由と対処法④