コラム

  • HOME >
  • 最新情報&おすすめ婚活コラム
  • 婚活にまつわる子供観について

コラム

梅田サロン 婚活にまつわる子供観について

皆さん、こんにちは。セブン結婚相談所です。

 

結婚相談所での活動で、条件の一つとなるのが、子供に関する条件です。最近は結婚歴がある方が多いので、すでにお子様がいらっしゃる方はあらたに子供を持つことに不安を感じていたり、経済的な理由で難しい場合も発生しています。

 

実際の状況が変化してきたので、子供観(結婚後の子供の希望)も個々によって多様化してきています。結婚後は子供が欲しい、子供は望まない、相手次第などのように、考え方の種類は多様なものとなりました。

 

若い方の傾向としては、できれば欲しいという方が多いです。若いうちは、子供を持つチャンスもありますし、子供を育てていくにも良い環境も恵まれています。もしご自身が子供を望まれる場合は、積極的に子供が欲しいことをアピールしても支障ありません。

 

30代、40代ぐらいになると多少状況がかわってきます。本人が欲しいと望んでも相手が望んでいなかったり、経済的、身体的に難しかったりすることが多いです。結婚歴がある場合は、すでに前妻、前夫との間に子供がいることもあって、これから新たに子供を持つことが難しい場合があります。

 

40代以上になると、子供が欲しいと望んでいても健康上の理由で持つことができない場合が多くなってきます。年齢的に妊娠しにくいということもあり、あまり表立って絶対欲しいと言えなくなってきます。この年代になると経済的には、安定してきているので持てる環境ではあるものの、いろいろ考えるとこれから妊娠、出産、子育てというのは難しいのではないかと特に女は考えてしまうようです。

 

このように年代によって子供観には大きな違いがあります。共通していえることとしては、子供観は柔軟にかんがえておいたほうがよく、相手に押し付けないほうがいいということです。

 

相手の状況や考えに合わせて、変えていくような柔軟さが必要だということです。最近は、相手の子供観をとても気にする方もいて、子供をどうしても望んでいる人は嫌だという方もいるほどで、相手選びにも影響する項目となってきています。

 

どちらにしても、子供観を相手に聞かれた時に、絶対に欲しいです、絶対にいらないですというような強い希望は主張しないほうが無難です。実際には、希望していてもできないこともあれば、奇遇にも授かるというようなこともあるので、頭を固くしないことが一番です。子供が好きな方にとっては、子供観は重要な項目かもしれませんが、まずは相手とよく話し合うことが重要です。

結婚相談所 大阪 神戸 tel.0120-411-700
結婚相談所 大阪 神戸 WEBからのお問い合わせ
婚活にまつわる子供観について